• Home
  • Ashurst M&A Year in Review 2017

Ashurst M&A Year in Review 2017

  • 17 Jan 2018
  • 4:00 PM - 7:00 PM
  • Australian Embassy, Tokyo

Registration


Register


Ashurst M&A Year In Review 2017

日本語は英語に続きます

ANZCCJ and Ashurst extend an invitation to ANZCCJ Members to attend one of our signature events, 'Japan-Australia M&A Year in Review' to be held on 17 January 2018 at the Australian Embassy Tokyo.

In 2017, Japan and Australia celebrated the 60th anniversary of the signing of the Australia-Japan Commerce Agreement of 1957.  The Commerce Agreement opened the way for the development of the strong bilateral economic relationship which continues to flourish today.

As Japan enjoys a period of financial stability, cross-border M&A continues to be an important plank in corporate Japan's strategies for growth.  Australia remains a popular target destination for investment across an increasingly diverse range of industries including mining, oil & gas, renewable energy, insurance, financial services, housing and construction, technology and online platforms, medical and healthcare, human resources, and food and agriculture.

The execution of deals is evolving, with more Japanese companies looking to:

  • acquire shares in public companies;
  • secure IP rights through acquisitions;
  • use warranty and indemnity insurance and other transaction insurances to manage risk as sellers or buyers; and
  • have their legal advisers use cutting edge technologies such as AI to manage transaction workloads and costs.

Ashurst is a leading international law firm with a strong focus on outbound Japanese corporate transactions into Australia. In this year's Japan-Australia M&A Year in Review, Tracy Whiriskey (Partner, Tokyo), Natsuko Ogawa (Partner, Melbourne) and Arabella Dove (Counsel, Melbourne) will:

  • reflect on trends in Japanese investment into Australia during 2017, and key lessons learned from our deal experience; and
  • identify upcoming opportunities for Japanese investors in Australia and make some predictions on expectations for Japan Australia M&A activity in 2018.

Following the seminar, we would be delighted if you could join us for Shinnenkai drinks.

Event details

17 Jan 2018 | 4:00pm-7:00pm
Australian Embassy Tokyo

2-1-14 Mita, Minato-ku, Tokyo
Venue map


Registration deadline: 9 Jan 2018
Free of charge for ANZCCJ Members. Tickets are limited.  Early registration is encouraged.

2017年は、1957年の日豪通商協定締結から60年という節目を迎えました。この通商協定は、現在も続く二国間の強力な経済関係の道を拓く契機となりました。

日本が経済的安定を享受する昨今、クロスボーダーM&Aは企業の成長戦略において重要な位置づけをされています。オーストラリアは引き続き鉱業、石油・ガス、再生可能エネルギー、保険、金融サービス、住宅建設、テクノロジー、オンラインプラットフォーム、医療、ヘルスケア、人材、食料や農業といった多様な分野で魅力的な投資先としての地位を確立しています

日系企業による投資においては、次のような投資の実行方法の変化が見られます。

  • 上場企業の株式取得
  • 買収を通じた知的財産権の獲得
  • 表明保証保険など買収に関連する保険の活用による買手または売手のリスク管理
  • AIなど最先端技術を弁護士に起用させることによる作業量やコスト管理

アシャースト法律事務所は有数の国際法律事務所であり、とりわけ日系企業によるオーストラリア向けの投資案件を数多く扱っております。本年の日豪M&Aセミナーでは、アシャースト法律事務所のトレイシー・ウィリスキー(パートナー・東京オフィス)、小川夏子(パートナー・メルボルンオフィス)及びアラベラ・ダヴ(カウンセル・メルボルンオフィス)が以下の内容について解説いたします。

 •    2017年のオーストラリア向け投資の傾向および弊事務所取扱案件から得られた主な知見

  • 今後のオーストラリアにおける日系投資家の機会と2018年の日豪M&Aの展望

なお、セミナー後はささやかながら新年会を開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

ベントの詳細

2018年1月17日 16時~19時

オーストラリア大使館

東京都港区三田 2-1-14

アクセス

申込締切:2018年1月9日

ANZCCJ会員様はイベント参加費が無料です。チケットの枚数には限りがございます。

お早めのお申込をおすすめします。


Copyright © ANZCCJ. All rights reserved

Powered by Wild Apricot Membership Software