Speech by ANZCCJ Chair Emeritus Melanie Brock: 60th Anniversary of the Australia-Japan Commerce Agreement

31 Jul 2017 2:23 PM | Anonymous

SPEECH DELIVERED BY ANZCCJ CHAIR EMERITUS MELANIE BROCK

[日本語は英語に続きます]

25 July 2017

Thank you to Andrew and the Chamber for the opportunity to speak at this important celebration dinner marking the 60th anniversary of the Australia Japan Commerce Treaty. 

I too would like to pay my respects to our sempai for their efforts.  And while I am in no way understating the gratitude I feel to politicians and bureaucrats for creating this treaty, I believe we should also thank Japanese consumers for their role in the development of trade between our two countries.  Japanese consumers support of our products and services is why we are here today. 

And naturally, we should also highlight the role played by producers, customs brokers, people behind the scenes, SMEs who took the risk to import and put up with all the hiccups… shosha, banks for having invested in trade and business.

While reflecting on history is important, I would prefer to focus on the next stage. I used to be one of the young ones but I am firmly in the ‘oldies’ group now – especially given that I am a grandmother!! And membership of the older group comes with an obligation to set things up for the younger generation. Easier said than done.   

Part of me feels the Australia Japan relationship is a little lacklustre. Part of me feels excited. Part of me is worried we are not doing enough. Part of me is troubled that kangaroos and AKB48 are symbols of our two countries. Part of me is worried we still don’t have dual citizenship status for our Australian-Japanese ‘half’ children. Another part of me wants to do something to ensure we are not resting on our laurels and relying too much on what has happened and not what lies ahead. I hope I can count on you to help me bring about change.

In preparing for tonight, I used social media to request input.  What I received was an amazing list of ideas and suggestions from a range of different people. The key themes rely on our building a stronger base for young people.  People suggested we move beyond focusing on what we can ship or sell to the other country and that we focus more on joint business development and working together, in Australia and Japan but also in third countries. 

For example, in the tourism sector.  Perhaps Australia can help Japan develop its tourism strategy using examples of successful tourism policy as Japan moves to shift the flow of tourists from the main cities to regional Japan. Film-making – Japan has great ideas, Australia has great production studios.  Japan is due to host major sporting events in the next few years - RWC, Olympics and Paralympics and the Masters Games. Australia has expertise in sports for business. JVs in agriculture, STEM…and the list goes on…

We need to lead by example and give our everything to ensuring we create more opportunities for young people to actually meet and exchange ideas. 

To that end, the New Colombo Plan, the AJBCC/JABCC Future Leaders program and the Australia Japan Youth Dialogue are key initiatives.  But I hope to do more.

I hope you will all join me in making the next few years of the Australia Japan relationship strong and sexy, robust and challenging, profitable and fun!!

日豪通商協定60周年を祝うこのディナーで、ご挨拶ができますこと、商工会議所やAndrew Gauci会頭に御礼を申しあげます。

日豪関係を築いていただいた多くの先輩の皆様にも大変感謝しております。その当時の政治家や役人の方々の役割を否定することはもちろんしませんが、是非とも日本の消費者の皆様にも感謝を申しあげけたいと思います。

また、生産者、税関業者、自分たちのリスクを背負って豪州の商品などを輸入してきた中小企業、商社、銀行の皆様にもたくさんの感謝をしております。

もちろん歴史を振り返ること、そして反省することは大事ですが、私は次のステップを重視したいと思います。

自分も昔は若かったのですが、今では年もとり、尚かつ二人の孫を持つおばあちゃんにもなりましたので、いわゆる年配グループに所属する年になりました。

そんな中、年配グループのいちメンバーとして次世代への義務を果たしていきたいと思います。

これは言うほど簡単なことではありません。

私は日豪関係の現状を考える時複雑な気持ちになることがあります。

時には、将来は明るいなと感じる時もあります。また時には、今のままでは足りないと感じる時もあります。両国のシンボルがカンガルーやAKB48であってはなりません。我々は日豪関係をより活性化していくために全力を尽くすべきであり、今まで積み上げられた両国の関係にあぐらをかくことなく、ぜひ皆様の力を借りながら、変化をしながら、明るい未来への挑戦をしていきたいと思いますのでお力添えのほどよろしくお願いします。

よく口から生まれたと言われるますので、この度は適当話すのでなくスピーチの原稿を用意することにしました。

原稿を作るにあたり、SNSを使ってアイデアを求め、多くの方々からご意見を頂戴しました。その中で、お互いの国への輸出入や投資に留まることなく、より日豪合弁で企画するビジネスチャンスに力入れるべきだとの声がありました。

日本、オーストラリアはもちろんのこと、一緒になって第3国に対しても行っていくべきだと。

例えば観光分野など。日本は現在、観光客をメインの都市部だけに留まるだけではなく、地方へも送り出すことができるよう進めています。

そんな中、オーストラリは日本に対し、オーストラリアの成功した観光振興政策を紹介することで、日本の観光戦略を築く上での協力ができるかもしれません。

映画制作 - 日本には優れたアイデアがあり、オーストラリアには優れたスタジオがあります。 

日本はこれから数年の間に、ラグビーワールドカップ、オリンピック、パラリンピック、ワールドマスターズゲームなど世界的スポーツイベントの開催が決まっております。

オーストラリアはスポーツにおけるビジネスの分野を得意としています。

その他にも農業分野やステム分野でのジョイントベンチャーなど、挙げればきりがないほどたくさんあります。

若者達が実際に出会い、アイデア交換する場所や機会をもっともっと増やしていくために全力を尽くしていく必要があります。

そのためにも、新コロンボ計画、 AJBCC/JABCC の次世代プログラムや日豪若手対話が鍵となる取り組みになります。

私はこれからもこの様な取り組みは増やしていきたいと思っています。

次の数年の間にオーストラリアと日本の関係がより強固で、魅力的に、より成熟し、チャレンジングで、有益で、そして楽しくなる様努めて参りますので、是非皆様も一緒にお取り組みいただけると幸いです。

Author
Comment
 

Copyright © ANZCCJ. All rights reserved

Powered by Wild Apricot Membership Software